最近の記事
header_logo.GIF

ポーランド語・ポーランド進出ならお任せ下さい。

2018年01月05日

パーム油発電を考えられている企業様に グローバル・シー有限会社は、遺伝子組み換えの大豆油を5年間固定価格で供給いたします。

パーム油発電を考えられている企業様に
グローバル・シー有限会社は、遺伝子組み換えの大豆油を5年間固定価格で供給いたします。

月5000MT MAX

The specifications are as follows;
Soybean Oil for Power Generation
.Free Oil Acidity (Expressed OS Oleic Acid)
. Max Refractive Index ay40c 1.466-1.470
.Peroxide value (Meg GR/KG) 1.0 Max
.Saponification value 189-195 Iodine value 120-143
.Density at 20c. 909-925
.Appearance Clear Soap Test .005% max
.Insoluble Impurity in either .05% max volatile matter at 105c Test negative
.Mineral Oil Test negative
.Sesame Seed Oil Test Negative
.Cold Test after 24hours negative

価格等、購入に関しては、グローバル・シーに
お問い合わせください。
posted by Mark at 18:15| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

供給可能なバイオマス原料

グローバル・シーはWood Pellets, Wood Chip Lignin, PKS, ココナツシェル、遺伝子組み換え大豆油、パーム油、PAO, カシューナッツオイル、廃食油(UCO)を供給可能です。 

供給先は、インドネシア、マレーシア、フィリピン、 タイ、ベトナム、ペルー、カナダ、南アフリカ等です。 

PKSは年間96万トン、Wood Pelletsは年間59万トン、 パーム油は年間60万トン供給可能です。 

バイオマス発電は、FIT価格で20年間固定で売値が決まって いますが、その原料価格は日々変動します。 

グローバル・シーでは、長期に安定的に固定価格で供給 するために、バイオマス発電所とバイオマス原料供給先と 投資家をつなぐ橋渡しをしています。 

具体的にはインドネシアでPAO(パームアシッドオイル)を 長期に購入し、そこからRBDパーム油同等品を生産し、 パーム発電所に供給するというスキームで、1工場で3億円投資で 月600トン生産する精製工場を10−100造る計画です。 また、マレーシアに2か所のパームプランテーションの売り物件が あります。 

今回、これらの事業に投資して頂ける投資家を探しています。 ご興味のある方は、グローバル・シーまでお問い合わせください。 

ご参考までに直近の供給可能なバイオマス原料一覧を添付します。 供給可能なバイオマス原料一覧.pdf
posted by Mark at 14:53| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

蒸気機関車の祭典、ポーランド(05/03)

色使いは同じでも「顔」は違います
http://www.afpbb.com/rd/a/5703591

煙を上げ線路を走る機関車
http://www.afpbb.com/rd/a/5703581

夕闇を背に車庫でたたずむ
http://www.afpbb.com/rd/a/5703587
posted by Mark at 22:16| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

ポーランドの造船所資産売却」(機関誌'09.3号)

http://www.joi.or.jp/poland_j.html

− 「ポーランドの造船所資産売却」(機関誌'09.3号)
− 「ポーランドのユーロ導入ロードマップ」(機関誌'09.1号)
− 「ポーランド投資基本情報」ほか(機関誌'08.11号)
− 「欧州サッカー連盟ユーロ2012とその後を見据えたポーランドにおけるインフラの近代化と開発」(機関誌'08.9号)
− 「気候変動に関する国際会議におけるポーランドの役割、"京都メカニズム"に基づく日本との協力および日本企業による対ポーランド投資について」(機関誌'08.7号)
− 「近年のポーランド概況、ほか」(機関誌'08.5号)


posted by Mark at 21:11| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

駐日ポーランド共和国大使館・総領事館

ポーランド共和国大使館
Embassy of the Republic of Poland in Japan
〒153-0062 目黒区三田2-13-5
電話:03-5794-7020
特命全権大使:ヤドヴィガ・ロドヴィッチ 閣下
Her Excellency Dr. Jadwiga Rodovicz

在大阪ポーランド名誉総領事館
Honorary Consulate-General of the Republic of Poland
〒530-0004 大阪市北区堂島浜1-4-16 アクア堂島西館18F 共英製鋼株式会社 内
電話:06-6346-5326
名誉総領事:高島 和子 女史
Ms. TAKASHIMA Kazuko

posted by Mark at 00:58| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする